So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ハセガワ1/700 USSハンコックの製作(その6) [NavyVessels]

 制作中のハセガワ1/700スケールUSS.ハンコックに飛行甲板の白線を加えてみました。
Hancock016.jpg
 今回は先に飛行甲板のフライトデッキステインを塗ったので、周囲をマスキングしてから白線をその上に吹きつけました。このころのキットの白線モールドは幅が1mmで刻まれていることが多いようなので、1mm幅のマスキングテープがあれば先に白を吹くのもありかなと思いました。
Hancock017.jpg
 白線左右のマスキングは長く切ったテープをただ貼るだけですが、点線にするために間の長さを測ったところおおよそ5mmだったので、カッターマットの方眼を使ってマスキングテープをカットして貼りつけました。
 キットに飛行甲板パーツは中央にも実線の白線が刻まれていますが、資料写真などを見るとなんとなく中央の白線は描かれてないようだったので省略しました。米軍機動部隊の各空母は艦毎に塗装がけっこう異なるうえ、時期によっても塗り替えられたり、消耗して消えかけていたりなどさまざまなように思うので、難しいところではあります。

 というわけで塗装作業はあと船体の上部と下部の塗り分け、およびブリッジや高角砲の塗り分けへと進むことになるかと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700 USSハンコックの製作(その5) [NavyVessels]

 最近、PCの動作がなにかと重く、さらに愛用のフォトレタッチソフトが調子が悪いというかWindows10との相性が次第に悪くなっているようで、画像の補正が面倒になってきたためちょっと更新が遅れ気味です。
 制作中のハセガワ1/700スケールUSSハンコックは組立てがほぼ終わったので基本塗装へと進めていきます。
Hancock012.jpg
 まずサフと下地をかねてガイアカラーの黒のサーフェイサーを船体とブリッジの全体、および飛行甲板のモールドに沿って吹きつけました。
 1/700の艦船模型は下地に黒を吹くと全体の色がちょっと暗くなりすぎる気がしないでもないですが、細かい奥まった部分が影色になり、また上から吹くグレーに少し青みがかかってイイ感じに金属っぽさや洋上っぽさがでるので愛用しています。
Hancock013.jpg
 太平洋戦争当時の米海軍の空母の塗装は時期によって変遷しますが、基本的には船体や構造物の上面、および飛行甲板もブルー系の色が多く使われています。
 ハンコックは1944年のレイテ沖海戦のころはメジャー32という複雑な多色迷彩だったようですが、キットが再現している1945年の対空兵装強化後の写真では、船体下半分がネイビーブルー、上半分がライトグレー、飛行甲板はフライトデッキステイン、その他構造物の上面はデッキブルーという配色だったようです。
 なのでまずスポンソンやブリッジの上面にデッキブルーを吹きつけ、続いて飛行甲板にフライトデッキステインを吹きました。マスキングはせず、気になるはみ出しは筆で修正するつもりです。
 飛行甲板には白い着艦表示ラインが描かれていて、キットではモールドでこれが再現されており、塗装の必要があります。これには、まず白を吹いてから細いマスキングテープで必要部分を隠し、それからブルーを吹くというやり方と、全体を青くしてから白線を囲むようにマスキングして白を吹くという方法を考え、今回は後から白を吹きつける方法を試してみることにしました。
 この作業は船体とブリッジの塗り分けが終わったら取りかかる予定です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700 USSハンコックの製作(その4) [NavyVessels]

 先日舷側に機関砲を取りつけた、ハセガワ1/700スケールUSSハンコックに今度は5インチ両用砲を取りつけました。
Hancock010.jpg
 エセックス級の大口径高角砲は、航空甲板の右舷がブリッジの前後に連装砲塔4基、左舷が舷側スポンソンに艦首と艦尾それぞれ単装砲2基ずつ、合計12門の5インチ両用砲を搭載していました。単装両用砲を右舷にも搭載しているUSSサラトガより実は火力は少ないのですね。
 実はボフォース機関砲もエセックス級の砲が少ないのですが、サラトガはそもそも船体が戦艦なので、重兵装による重量増加や重心の上昇に対応しやすかったということなのでしょうか?
Hancock011.jpg
 飛行甲板に続いてブリッジも組みたてました。巨大な煙突を備えるレキシントン級や赤城などと比べ、エセックス級の煙突は意外と小ぶり。ヨークタウン級と比べても小さいですね。
 ターボエレクトリックを採用しているサラトガはともかく、エセックス級のボイラーは数はヨークタウンと同じで最大出力が大きい一方ドイツ艦なみに高温高圧なので、それで煙突が小さくてすむのか、素人なのでわかりませんが興味あるところです。

 これでマストやクレーンなど一部の細かいパーツを除けば組立てはほぼ完了なので、下地から基本塗装へと作業を進めていこうと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700 USSハンコックの製作(その3) [NavyVessels]

 制作中のハセガワ1/700USSハンコックは、船体の組立てに続いて飛行甲板の仮組みと、対空兵器の取り付けを行いました。
Hancock007.jpg
 キットはエレベータが別パーツになっていて艦内の格納庫も垣間見えるようになっています。今回は飛行甲板上のエレベータは前後とも上げ位置に固定し、エセックス級に特徴的な舷側エレベータのみ下げ位置で組みたてようと思います。
Hancock008.jpg
 船体に飛行甲板を乗せてみたところです。空母は船体はいわゆる木の葉型をしているのに飛行甲板は方形となることで、喫水線から上の舷側のラインがそれに合わせて変化していく様子がとてもおもしろいと感じます。
 こうしてみると40年以上前のキットですが、なかなかどうして端正な面持ちではないですか。ほんと自分はこのころの英米日伊のプラモデルはどれも素敵だと思います。
Hancock009.jpg
 飛行甲板の舷側にずらりと並ぶ20mm単装機銃と40mmボフォース機関砲を取りつけました。組みたててから気づきましたが、右舷のちょうどブリッジの下辺りにある3基の40mm4連装機関砲は、1945年に増設されたもののようです。
 当初このキットは1944年のメジャー32迷彩で塗りたいなと思っていたのですが、その塗装の時点では機関砲がまだ増設されていません。ということで今回は1945年ごろのメジャー22迷彩で仕上げようと思います。
 タミヤのサラトガも買ってあるので、メジャー32迷彩はそっちで試してみようかな。

 この後の作業はブリッジと飛行甲板上の5インチ高角砲の組立て、そして基本塗装となる予定です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700 USSハンコックの製作(その2) [NavyVessels]

 先日製作を開始したハセガワの1/700USSハンコックの船体パーツを組みたてました。
Hancock004.jpg
 ハンコックはエセックス級の中でも長船体型なので、艦首にはボフォース40ミリ機関砲の砲座が2基あります。短船体型ではこの部分が1基なのが標準ですが、形状が異なるのは艦首の銃座の部分だけで、喫水線のあたりの船体はどちらも同じらしいです。
Hancock005.jpg
 艦尾にも40mm機関砲座が2基あります。短船体型ではこちらも1基が標準なのですが、なかには艦尾のみ長船体型と同じく2基の砲座を備えているものあったりしてややこしい。
 組立ては合わせ目は処理する必要がありますが大きな隙間が空くようなことはなく、すぐに形になってきます。艦首と艦尾に甲板のパーツを取りつけ、塗装してから飛行甲板をその上に乗せるという手順で組んでいこうと思っています。
 飛行甲板を上から見た空母は四角い形状に見えますが、船体は当然木の葉型をしています。エセックス級はその高速にもかかわらず船体はややズンドウで、舷側も比較的まっすぐですが、これは強力な機関を搭載するために容積をたっぷりとったからではないかと勝手に解釈しています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700 USSハンコックの製作(その1) [NavyVessels]

 最近、我が家のかなり古いバージョンのPhotoshopが不安定で、画像レタッチ作業が滞りがちで更新が遅れ気味です。そろそろ新しいのを購入しようかとも思っているのですが、機能が増える代わりに古いバージョンならではの軽さが損なわれるのでは、と心配でもあります。

 ともあれ、先日の赤城と大和に続き、またしてもウォーターラインシリーズの一作である、ハセガワが発売している空母ハンコックの製作を始めました。
Hancock001.jpg
 ハンコックは米海軍が第二次世界大戦中に開発した「エセックス級」と呼ばれる航空母艦の一隻で、ネームシップのエセックスとともに1970年代にキット化されました。現在はヨークタウンとタイコンデロガがラインナップに加わり、4隻が発売されています。
 つまりこのハンコックはかなり古いキットなのですが、パーツを見る限りなかなか端正でいい感じのキットに思えます。これは今はなき石神井公園の模型店に長いこと在庫になっていましたが、いつのまにか消えていて、その少し後にやはり石神井に在住の知人からプレゼントされるという経緯で手に入れたキットです。おそらくその模型店から私の手まで旅してきたのだと思いますが確証はありません。いずれにせよ、Sinさんありがとうございます。
 エセックス級はなにしろ20隻以上も就役し、戦後も何隻かは改装を繰り返して1980年代まで現役でした。しかも日本軍の神風攻撃で大破し、その後現役復帰はせずに廃艦(実質的に撃沈に相当)となったフランクリンとバンカーヒルを除けば、その長い歴史上で損失艦ゼロという戦果を有します。
 戦後型はなかなかキット化されませんが、ベトナム戦争時のヴァリーフォージとかも作ってみたいところです。
Hancock002.jpg
 エセックス級は船体の長さが2種類あって、最初に発売されたエセックスとハンコックはそれぞれ短船体型と長船体型となります。上の画像は船体と甲板のパーツで、長さの違いを表すために船体は艦首部分が別パーツになっています。当然、組みたてれば実際の艦では見えないはずの合わせ目ができるので、これをきちんと消せるかが課題となりそう。
 甲板は前後のエレベータまで一体成形ですが、下げた状態で組むことも可能なように、下がった状態のパーツも含まれています。
 また舷側のエレベータは別パーツなので、こちらは加工せずに下げた状態に組むことが可能です。

 今回は大きな改造はせず、そのままさらっと組んで、大型の米空母が持つ迫力を堪能しようと考えています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TAMIYA 1/700 戦艦大和の製作(その7) [NavyVessels]

 制作中のタミヤ1/700戦艦大和は、基本塗装を施した船体に上部構造物を取りつける段階へ進みました。
yamato016.jpg
 タミヤのキットはレイテ海戦の後、沖縄作戦で出撃するまでの状態を再現しているようで、レイテ作戦時の航空写真よりも舷側の機銃が増設されていますが、甲板の各所にちりばめられた単装機銃は再現していません。
 舷側の対空機銃座は甲板のパーツに穴を開けて取りつけるようになっているので、レイテ作戦時を再現する場合は、一部の穴を開けずに組みたてればよいと思います。
 それにしても、巨大な船体のほぼ中央に兵装や構造物が集中している様子が、組みたててみると強く感じられますね。
yamato017.jpg
 真上からの画像に続いて、斜め前方からの姿も撮影してみました。艦橋頂部と主砲、副砲の防水ブーツはフォーミュラP3のMenoth White Highlightという水性アクリルのアイボリーカラーを筆塗りしました。煙突頂部とマストにも同じP3の黒を塗り、甲板と船体はブラウンやブラックのエナメルウォッシュを施し、陰影を強調してみています。
 今回は張線もしないつもりなので、あとはキットに付属する零式水観と零式三座水偵を乗せれば完成ということになります。
 生まれて初めて製作した大和のプラモデルですが、写真や作例で見慣れた姿とはいえ、実際に作ってみるといろいろ発見もあり、やはり美しい戦艦だな、と感じました。

 赤城、大和と連合艦隊の主力艦を相次いでつくったので、次は外国艦をつくりたいなと考えています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TAMIYA 1/700 戦艦大和の製作(その6) [NavyVessels]

 ハセガワの赤城とほぼ同時進行で進めていたタミヤの1/700スケール戦艦大和は、基本塗装に続く組立ての仕上げ段階に入りました。
yamato014.jpg
 まず船体とは別に塗装しておいたブリッジ周辺の上部構造物と主砲を塗装途中の船体に乗せてみました。これだけでもけっこう迫力があってかっこいいのですが、艦尾の航空機甲板は塗装図によると船体とは材質が異なり、ゆえに異なる色だったように指定されています。
yamato015.jpg
 仮組みしていた上部構造物を外し、航空機甲板の部分に水性アクリルの明るいグレーを筆塗りしてみました。
 さらに波よけやホーサーリールといった甲板上の細かいパーツも水性アクリルのグレーを筆塗りで描き込んでみました。
 このあとは組立てを完了させつつ、さらに細かい塗り分けとウェザリングや,陰影の強調などを進めていこうと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700空母赤城の製作(その8) [NavyVessels]

 制作中のハセガワ1/700スケール空母赤城は前回の船体につづいて飛行甲板の塗装を仕上げる段階に入りました。
Akagi025.jpg
 飛行甲板はタミヤの大和と同時に基本塗装を行ったときにタンを吹きつけたので、デカールを貼る前に木目製甲板の感じを出すため、エナメルのブラウンを薄めたものを全体に薄く塗り重ねました。
 また同じようにエレベータなどグレーの金属部分も墨入れを施してみました。飛行甲板の艦尾部分やエレベータ、アレスティングワイヤなどは基本塗装の段階でマスキングをしてエアブラシを吹きましたが、さらに細かい部分はフリーハンドの筆塗りで塗り分けています。さらに高角砲の防水ブーツ、艦載艇の細部なども筆で塗り分け。
Akagi026.jpg
 ここまで進んだところで発着艦用の指示ラインなどを描いたデカールを貼りました。かつてはこのラインもモールドで、塗り分けをする必要があったりしましたが、デカールだと正確な直線が再現できてよいですね。もっともハセガワのこのキットのデカールはけっこう繊細で、貼るのは自分にはちょっと難しく、少し中心線がズレてしまいました。お恥ずかしい限りです。

 ともあれ、これで赤城はほぼ完成。続いて同時進行のタミヤの大和を完成させようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハセガワ1/700空母赤城の製作(その7) [NavyVessels]

 制作中のハセガワ1/700スケールの空母赤城は、基本塗装から細部塗装およびウェザリングの段階に進みました。
Akagi022.jpg
 赤城の魅力であるマッシブな舷側には、巡洋戦艦として設計された当時の上甲板付近に、ケースメートに収納された20センチ主砲が各舷3門ずつ装備されています。戦艦として完成していればもちろんこれは副砲だったわけです。
 対空砲以外の大口径砲を装備している空母というと、他にやはり戦艦として計画された米海軍のサラトガとレキシントン、未完成だったドイツ海軍のグラーフ・ツェッペリン、イギリス海軍のカレージャス級の新造時などがあります。
 舷側は主砲や高角砲の防水布、ギャングウェーのリノリューム、喫水線の防錆塗装などがアクセントになって、さらにグレーの部分は薄めたエナメルカラーでウォッシングを施し、陰影を強調してみました。これだけでけっこう金属の感じが出てくるような気がして不思議です。
 画像では少し切れてしまいましたが、舷側から下向きに張り出している煙突は、先端に煤隠しの黒を筆塗りしました。
Akagi023.jpg
 こちらは反対舷の艦尾部分。
副砲と艦載艇格納庫の奥行きある雰囲気、そして飛行甲板と舷側対空機銃スポンソンを支える支柱がものすごくかっこいいと感じます。
 飛行甲板に立てられたアンテナ柱は巡航時は画像のように立て、戦闘時には舷側へ寝かせるようになっていたみたいです。これは日米英の空母はどれも同じですね。
Akagi024.jpg
 おもしろいのは、赤城は両舷にそれぞれ12センチ高角砲を6門ずつ装備しているのですが、右舷と左舷では砲塔形状が異なるようです。
 こちらはブリッジのある左舷側で操作班は剥き出しですが、右舷側は円形の密閉型砲塔となっているように見えます。
 実はこの、左舷艦尾の艦載艇格納庫付近から、主砲と高角砲、高角機銃のスポンソンを通ってブリッジ下へと至る舷側部分が、私が赤城でいちばん好きなところです。もしVRなどでこの艦に乗ることができたなら、真っ先に歩いてみたい場所かも。

 というわけで、基本的な塗装がほぼ完了したので、あとは飛行甲板にウェザリングを施し、デカールを貼れば完成ということになるかと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
メッセージを送る