So-net無料ブログ作成

ハセガワ1/700 海上自衛隊護衛艦ちょうかいの製作(その4) [NavyVessels]

 先日デカールを貼った護衛艦ちょうかいにボートダビッドや魚雷発射管などの小さいパーツを取りつけ、とりあえずの完成としました。
DDG176_09.jpg
 結局手摺はつけませんでしたが、これはいつか別の艦を製作するときに試みようと思います。
DDG176_10.jpg
 これまでに製作した護衛艦3隻を並べてみました。左からちょうかい、はるさめ、とね、となります。
 基準排水量はそれぞれおそよ7000トン、4500トン、2000トンで、上から見るとまさにそんな感じの大きさの差があるように見えますね。
 かつては7000トンもあるイージス艦はでっかいと思いましたが、現在では新鋭ヘリコプター護衛艦ひゅうがといせ、がこれよりさらに大きく迫力です。こちらも近いうちに作ってみようと思っています。

 組み上げてから気づいたのですが、こんごう型は艦尾にヘリの格納庫ないんですね。あたご型にはあるので誤解していました。というわけでキット付属のヘリは搭載せず、別に機会に使おうと思います。
 
 手持ちキットの棚を見ると、艦船モデルはすっかり海自の護衛艦と英海軍の戦艦に特化しつつあります。年代別、艦隊別など、いろいろ並べてみたいと思っていますー。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 3

hajime

完成おめでとうごさいます。
俯瞰して見ると大きさがよくわかりますね! 海自もいいなあ。
日本海軍は英国海軍を範としているようですからさとうさんのラインナップはそういう意味で的を得ていますよ。
英国艦はドレットノート、クイーンエリザベスあたりを勝手に期待しています(笑)
by hajime (2013-05-25 22:12) 

VAN

「ちょうかい」竣工おめでとうございます。
数を揃えて並べると壮観ですね。
エッチングのマストもシャープでいい感じです。
ハセガワのこんごう型はいいキットですけど、ヘリの着艦標識が古いままなのが難点ですね。
by VAN (2013-05-26 22:49) 

さとう

>>hajimeさん
ありがとうございますー。
英国艦は、近々1/700で大改装後のウォースパイトとか出るみたいなので、ぜひとも改装前バージョンで製作したクィーン・エリザベスと並べてみたいです。

>>VANさん
ありがとうございますー。
製作技術がまだまだ未熟なので、いつも勉強させていただいております。
着艦標識はわりと頻繁に書き換えられているらしいですね。
海自のキットを製作する以前は、こういうこともあまり知らなかったので、興味深いです。
現用車両はカラー資料が多く、すごく参考になるのですが、リアルタイムで変遷を追うのが大変ですねー。

by さとう (2013-05-27 16:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る