So-net無料ブログ作成
検索選択

アオシマ1/700 海上自衛隊護衛艦あしがらの製作(その1) [NavyVessels]

 この週末はいろいろお誘いや集まりの予定があったのですが、体調がいまひとつで全部キャンセルと残念なことになって、関係者のみなさまにはご心配とご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。
 それでも家にこもっていろいろ作業をしつつ、模型制作のほうはハリケーンとタイフーンのデカールを乾燥させる間に、別のキットをいじっていました。
ashiJ_001.jpg
 つい先ごろ発売になったアオシマの1/700スケール、「あしがら」です。あしがらは「あたご」型護衛艦の2番艦で、キットもその順序で発売になりました。以前に同名の旧海軍重巡洋艦「足柄」を作ったので、並べてみたくなった次第です。
ashiJ_002.jpg
 いつものように船体と上部構造物をそれぞれ製作し、塗装してから組み上げるという流れです。
 アオシマの最近のキットはとくかく出来がよくて製作が楽しいのですが、今回の「あしがら」はパーツの合いが「いまほんの一歩」という感じで、隙間や細かいパーツの取りつけに気を使います。
ashiJ_003.jpg
 少し前に製作した「こんごう」型と比べて、よりステルス性を意識したデザインということで、マストは籠型ではなくソリッドなつくりになっています。この部分も細かいパーツを貼り合わせていくので、角度などに神経を使いました。

 いろいろ細かいところに問題がないわけではないのですが、あまり悩まずにぐいぐい進めていこうと思っています。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

hajime

アオシマのキットは、あまり作り易いイメージがないのですが、最近は良くなっているようですね。
機会があったら「最近の」アオシマのキットも購入してみようと思います。
by hajime (2013-07-16 21:43) 

さとう

>>hajimeさん
ここ数年なんでしょうか? 1/700の屈曲煙突長門とか、
1/24のカウンタックなど、とてもいい感じでした。
パーツ同士の合いだけでなく、分割や組み立て手順などにも工夫があって、製作が楽しかったです。
近年のエアフィックスもそうですが、全部の新製品がというわけではないのかもしれませんが、
近年の進化はとても興味深くみております。

by さとう (2013-07-16 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る