So-net無料ブログ作成
検索選択

バンダイ 宇宙戦艦ヤマト2199メカコレクション ユキカゼの製作(その1) [NavyVessels]

 1/72スケールでセンチュリーシリーズを並べよう企画が続いていますが、ちょっと寄り道というか、模型店で懐かしのバンダイメカコレクションシリーズに新作が加わったのを見て、衝動的に宇宙戦艦ヤマト2199に登場する「突撃駆逐艦ユキカゼ」を購入、製作を開始しました。
yukikaze2199_001.jpg
 お恥ずかしいことに「2199」は興味もなくて、まったく視ていないのですが、模型店で中身を確認したらぐぐぐ、となってしまいつい買ってしまったです。
 キットはスライド金型も使用しつつ、設定の画像にかなり忠実に模型化しているようにみえます。モールドも繊細かつくっきり。
yukikaze2199_002.jpg
 いちおう多色成形ですが、ユキカゼを再現するにはイエローは自分で塗らないといけません。2199ではこの艦種は「磯風級」というんだそうです。キットにはユキカゼのほか、ネームシップのイソカゼとさらにアヤナミのシールが入っています。 ちなみに今回は全部塗装で仕上げようと思います。
yukikaze2199_003.jpg
 パーツはうっすらパーティングラインが入っている以外は非常に精密で、修正の必要はありませんが、艦尾のフィンは怪我防止のためかかなりぼったりしているので、ここだけはナイフとやすりを使って若干薄く見えるよう加工しました。
yukikaze2199_004.jpg
 基本塗装。船体は艦首、艦尾がそれぞれ上下2分割で、それぞれ別のパーツを挟んで組み立てる構造です。スナップフィットなので接着剤は必要ありません。ヒケも目立たずすばらしい表面です。
 ただ挟み込んで組み立てる部分が色が異なるため、エアブラシで塗装する場合は組み立てる前に吹きつけを行うほうがやりやすいようです。
 というわけで、パーツの状態で基本塗装。説明書には混色するよう指示がありましたので、ネットで画像を見たりしてどんな色なのか調べてみました。
 劇中ではかなりくすんだ色に塗られているように見えますが、とりあえず「新造時」ということにして、指定の通りに塗ってみます。気に入らなければもう一個買って、別バージョンを試せばよいとw
yukikaze2199_005.jpg
 というわけで基本塗装完了。やはりちょっと派手目ですね。ブリッジの窓はシタデルカラーの筆塗りです。こから墨入れやウェザリングを施してみようと思っています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る