So-net無料ブログ作成
検索選択

Aifix 1/72 North American F-86Fの製作(その5) [WarBirds]

 先日、マスキングを施したAifixのF-86FとEduardのMiG-15bis(共に1/72)に基本塗装を施し始めました。まずはAirfixのセーバー。
F86F_12.jpg
 F-86の機体は銀、というか実機は無塗装で、金属そのままの色です。もっとも、無塗装といってもたとえば機首のガンパネルやエンジンノズル付近など場所によって材質が違ったり、部品の厚さや光の当たる角度などで、写真ではさまざまな色の銀に見えます。
 また、腐食防止のためにクリアコートが施されていた可能性もありますが、その一方で表面の酸化が進んで輝きが鈍っている場合もあったりと、いろいろ悩ましい。
 なので博物館の展示機体が必ずしも現役時の状態とそのまま表しているかはわからないというのが、銀塗装の難しいところなのかもです。
 今回は、朝鮮戦争現役時のマーキングを再現しようと思うので、ピカピカではないにせよ、あまりくすんでもいない感じを狙ってみようかなと思います。
 そこで、下地としてグロスのブラックを全体に吹きました。
F86F_13.jpg
 続いてシルバーを塗布。使ったのはMr.カラーのSM1スーパーファインシルバーです。この色は同じシリーズのクロームシルバーやメッキシルバー、あるいはあるクラッドIIのクロームほどはピカピカではないのですが、それなりにぎらつき感もあり、同時に塗膜がけっこう強く、後からのマスキングやデカール貼付でも影響を受けにくいという利点があるようです。

 作業はこのあと、上述のとおりマスキングを施してガンパネル部分をより暗いシルバーで重ね塗り。それから垂直尾翼や機首など細部の塗装を行う予定です。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

hajime

部分的にパネルのシルバーの調子を変えるとグッとリアル感が増しそうですね。
クレオスのシルバーもいろんな種類があるんですね。知りませんでした(勉強不足ですね〈恥〉)。
by hajime (2015-12-23 00:01) 

さとう

>>hajimeさん
今回は1/72なので、どこまで細かく塗り分けるかはちょっと微妙ではありますが、塗り分けも銀塗装の楽しみですね。
シルバーは各社からほんとにたくさんの色が出ていて、いろいろ試すのが楽しいです。模型店によっては置いてない色があるのと、ものによっては国産カラーにしてはけっこう高価なものもあるので、そのあたりは好みかなとも思います。

by さとう (2015-12-24 16:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る