So-net無料ブログ作成

Hasegawa 1/72 NorthAmerican F-86D Sabre dogの製作(その1) [WarBirds]

 先日製作したAirfixとEduardのF-86FおよびMiG-15bisに続き、今度は同スケールでハセガワのF-86Dセーバードッグを作り始めました。
F86D_002.jpg
 セーバードッグは対爆撃機迎撃用に米空軍が採用した戦闘機で、簡単にいえばF-86Fにレーダーを搭載して迎撃機に仕立てたもの、なわけですが、厳密にはコンセプトだけでなく細かいところもかなり異なる別の戦闘機に、予算の都合で同じ番号を振ったと考えたほうが適切かもしれません。
 この機体は航空自衛隊でも使われており、今回はの空自のマーキングで製作しようと思います。
 上の画像はとりあえず胴体と主翼を仮組みしてみたところ。ちょっと胴体パーツが反っていて、ちゃんと合わさるか不安だったので試してみました。全体を合わせると機首が左右でややズレてしまうのですが、胴体後方から順にゆっくり接着すればいけそうな感じです。
F86D_001.jpg
 さっそくコクピットを組み立て、胴体片側にエアインテークとエンジンノズルを組み込んだところで下地となる黒を吹きました。
 説明書にはバラストを5グラム搭載しろと指定されていますが、機首にレーダーがある分、錘を乗せるスペースは十分ありそうです。

 続いてコクピットを塗装し、計器類のデカールを貼ってから胴体左右を接着、という段取りで進める予定です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る