So-net無料ブログ作成
検索選択

ハセガワ1/700空母赤城の製作(その8) [NavyVessels]

 制作中のハセガワ1/700スケール空母赤城は前回の船体につづいて飛行甲板の塗装を仕上げる段階に入りました。
Akagi025.jpg
 飛行甲板はタミヤの大和と同時に基本塗装を行ったときにタンを吹きつけたので、デカールを貼る前に木目製甲板の感じを出すため、エナメルのブラウンを薄めたものを全体に薄く塗り重ねました。
 また同じようにエレベータなどグレーの金属部分も墨入れを施してみました。飛行甲板の艦尾部分やエレベータ、アレスティングワイヤなどは基本塗装の段階でマスキングをしてエアブラシを吹きましたが、さらに細かい部分はフリーハンドの筆塗りで塗り分けています。さらに高角砲の防水ブーツ、艦載艇の細部なども筆で塗り分け。
Akagi026.jpg
 ここまで進んだところで発着艦用の指示ラインなどを描いたデカールを貼りました。かつてはこのラインもモールドで、塗り分けをする必要があったりしましたが、デカールだと正確な直線が再現できてよいですね。もっともハセガワのこのキットのデカールはけっこう繊細で、貼るのは自分にはちょっと難しく、少し中心線がズレてしまいました。お恥ずかしい限りです。

 ともあれ、これで赤城はほぼ完成。続いて同時進行のタミヤの大和を完成させようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る