So-net無料ブログ作成
検索選択

Hasegawa 1/72 NorthAmerican F-86D Sabre dogの製作(その2) [WarBirds]

 先日から製作開始したハセガワのセーバードッグは、さっそく胴体と主翼、水平尾翼の工作へ進みました。
F86D_003.jpg
 胴体の組み立ては、左右パーツでコクピットとエアインテーク内部、エンジンノズル部分を挟み込んで接着するのですが、新作だったAirfixのF-86Fのようにぴったりといかなかったです。もともとちょっとパーツが反っているのと、コクピットはダボがなく、やんわりと削られた胴体内側の窪みに合わせて接着するのですが、ちょっと左右に寄ってしまうかも、と不安な感じで作業しました。しっかりと取りつけたい場合は、プラバンなどで桁を作ったほうがいいかも、とちょっと思った次第です。一方、エンジンノズルとエアインテークはばしっと位置が決まりました。
 さらに、ノーズのレドームを取りつけ、おおまかな形は完成となります。
F86D_004.jpg
 こうしてみると、未塗装の段階でもF-86Fとはまったく違うシルエットだな、と感じます。胴体の形状もそうなのですが、水平尾翼が、上反角がついているF-86Fに対し、こちらはまさに水平。
 コクピットの位置も、機首に近く挑戦的な面構えのF-86Fに比べ、セーバードッグはレーダーや電子機器がつまっているためちょっと下がり気味で、おっとりした印象です。

 作業はこのあと、着陸脚、増槽、ロケット弾発射機といった細かいパーツを組み立て、どの段階まで機体に取りつけてから基本塗装へ進むかと検討する予定です。
 MiGやF-86Fは全面同じ銀で塗りましたが、自衛隊が装備していたセーバードッグは部分的にシルバー塗装、残りは無塗装ということが多かったらしいので、写真などを観察して雰囲気を掴みたいと思っていますが、どうなりますか。

The Ardennes Offensive(SPI)のプレー [ウォーゲーム]

 先日、知人のゲーム会に参加して、SPIのThe Ardennes Offensiveをプレーしました。
tAO160223_001.jpg
 本作はSPIが1973年に発表したウォーゲームで、同社としてはBastogneに続く2作目、全体としてはAvalonhill社のThe Battle of the Bulgeに続く3作目ということなるかと思います。
 移動>戦闘>機械化移動というSPIの標準的なゲーム手順に、進入したら出られなくなる強力な支配地域の反面、戦闘は完全に任意、戦闘結果判定表も後退の目が多く損害が出にくいタイプが用いられています。
 と、ここまでですと標準的な70年代前半のSPIという印象ですが、実は本作はアルデンヌでの作戦を再現するためか、スタッキングに関するルールがちょっと特殊です。
 まずスタッキングをするだけで、あるいはスタッキングを解除するだけで機械化ユニットは(ドイツ軍10、連合軍12の移動力のうち)6移動ポイント、徒歩ユニットは(両軍共通で4移動力のうち)2移動ポイントを消費します。
 よって、同一移動フェイズにスタックしたユニットは、そのスタックを自発的に離れることができません。はやい話が追い越し禁止w。
 また逆に、友軍ユニットの存在は支配地域のあらゆる効果を打ち消す、というルールもあって、これを使うと、スタックさえすれば、敵支配地域を脱出できることになります。うまくつかえば、敵ユニットの間隙をすり抜けることも(時間はかかるけど)可能です。

 また、橋梁に関するルールもやや特殊で、友軍ユニットの3ヘクス以内にある橋梁は敵軍は使えない、という後のSPIカプセルシリーズで採用された橋梁ルールの元祖を見ることもできます。

 というわけで早速プレー。
tAO160223_002.jpg
 画面は12月16日の初期配置。ゲームは1日1ターンで、全18ターン。ドイツ軍はそれまでに35ポイントの勝利ポイントを獲得し、さらに連合軍に与える勝利ポイントをそれよりも少なく、できれば2/3に抑えれば大勝利です。
 勝利ポイントは敵ユニットを除去すると1点、加えてドイツ軍は盤端の数値のヘクスにユニットを置いていればその点数を獲得できます。

 地形効果は、要塞や町では退却しなくてよい、という他はほとんどないに等しく、森林も河川も移動を妨害するだけの存在です。もっとも補給ルールがそこそこ厳しいので、とにかく進撃路と補給ルートを確保しつつ、激しく殴り合うという感じを予想していました。
tAO160223_004.jpg
 こちらは第6ターンあたりの状況。連合軍は北側は川の線で戦線を引き、サンビトとバストーニュを死守しつつ、反撃のために兵力を集め、ドイツ軍はとにかく突破口を開いて連合軍を包囲殲滅したい、という感じでしょうか。
 連合軍は戦線の南側に大穴が開いていますが、バストーニュを死守している限りこちらからはドイツ軍は勝利ポイントを得られないので、パットンがくるのをじっくり待つ構え。
 一方、北側では西方を増援の空挺部隊2個師団で守りつつ、北からドイツ軍の側面を攻撃したい感じです。
tAO160223_005.jpg
 しかし、第6ターンが終わると、状況は一変。ドイツ軍は空挺部隊の防衛ラインをことごとく粉砕してリエージュへ向かう大突破口を形成することに成功。
 ミューズ川にはイギリス軍が登場しますが、こちらはドイツ軍が25ポイントを獲得するまでは川の東岸にわたれません。
 南側はパットン第3軍の大増援で補強されたので、米軍としては、なんとかどこかに突破口を開き、ドイツ軍の補給を寸断したいところ、一方ドイツ軍は米軍をとにかく減らして勝利ポイントを稼ぐとともに、反撃の目を摘んだうえで、さらに前進したいというところでしょうか。

 この時点でドイツ軍は20ポイントほど勝利ポイントを獲得。米軍は歩兵3個師団および機甲1個師団が壊滅しましたが、まだバストーニュとサンビトは保持している・・・というほぼ史実に近い状況です。
 プレーした感じでは連合軍はもう少しよい作戦があるように思うので、戦線に大穴が開いていることもあって、負けてる印象ですが、ドイツ軍的にもいろいろ苦しいのかもしれません。

 厳しいスタッキングルールのため、移動で長考する傾向があるため、プレー時間はやや長いかもしれませんが、なかなかにエキサイティングなバルジゲームだと思いました。

Hasegawa 1/72 NorthAmerican F-86D Sabre dogの製作(その1) [WarBirds]

 先日製作したAirfixとEduardのF-86FおよびMiG-15bisに続き、今度は同スケールでハセガワのF-86Dセーバードッグを作り始めました。
F86D_002.jpg
 セーバードッグは対爆撃機迎撃用に米空軍が採用した戦闘機で、簡単にいえばF-86Fにレーダーを搭載して迎撃機に仕立てたもの、なわけですが、厳密にはコンセプトだけでなく細かいところもかなり異なる別の戦闘機に、予算の都合で同じ番号を振ったと考えたほうが適切かもしれません。
 この機体は航空自衛隊でも使われており、今回はの空自のマーキングで製作しようと思います。
 上の画像はとりあえず胴体と主翼を仮組みしてみたところ。ちょっと胴体パーツが反っていて、ちゃんと合わさるか不安だったので試してみました。全体を合わせると機首が左右でややズレてしまうのですが、胴体後方から順にゆっくり接着すればいけそうな感じです。
F86D_001.jpg
 さっそくコクピットを組み立て、胴体片側にエアインテークとエンジンノズルを組み込んだところで下地となる黒を吹きました。
 説明書にはバラストを5グラム搭載しろと指定されていますが、機首にレーダーがある分、錘を乗せるスペースは十分ありそうです。

 続いてコクピットを塗装し、計器類のデカールを貼ってから胴体左右を接着、という段取りで進める予定です。

Arab-Israel Wars(IMMELMANN2月例会その2) [ウォーゲーム]

 先日ご紹介したKhyber Riflesにつづき、ちょこっと時間があったのでプレーしたAH社のAIWも。
AIW160211_01.jpg
 昨年の暮れに状況設定B1を試したので今度はB2。第4次中東戦争のゴラン高原方面で、シリア軍戦車部隊ががイスラエル軍の拠点を攻撃するというもの。
 勝利条件は両軍とも相手のユニット壊滅により2P、シリア軍はそれに加えてイスラエル軍の防御拠点(図中の青い印:配置場所はC盤の町の周囲いずれか)に攻撃を行う度に1P、除去すれば4P、もし1回もこの拠点が攻撃を受けないとイスラエル軍に10P、というものです。
 かつてAIWのB(基本)シナリオはルールを習得するための練習シナリオというイメージで、バランス的にはアラブ陣営が不利という印象が以前からあったのですが、現在の目標はそれを確認というか、もしかして自分がヘタなだけでは、という再確認的なものかもしれません。
 とりあえず、勝利条件を単純に目指すべく、最初のターンからT-34で拠点手前の樹林に突っ込みますが、歩兵小隊+防御拠点で防御力が18になるうえ、戦闘判定の出目に+1。さらに歩兵目標なので戦車の攻撃力は半減。T-34は1ユニットで攻撃力が3.5になってしまうため、戦闘結果が発生する可能性がある1:2にするだけでも3ユニットが必要となります。
 また、基本ルールには間接射撃がないので、トラックで運ばねばならない0移動力の迫撃砲はほぼ無力な感じ。3ユニット用意されているサガーは30攻撃力と強力ですが、ぎりぎりでイスラエル軍戦車に対して2:1を確立できず、しかも拠点は攻撃不可。
 ゲームの実際の進行はまぁ、大虐殺だったので省略。アラブ軍としてはイスラエル軍の戦車を放置しても、一方的に撃破されるだけなので、どうにかこれを無力化する必要がありそうなのですが、どうすればそれが可能なのかまだ見えない感じです。
 なんとかうまくサガーを使って、5ユニットあるセンチュリオンのうち3ユニット程度を毎ターン散開させられれば、可能性があるようにも思いますが、7ターン毎回拠点を攻撃しても得られるVPは7、4ユニットあるT-34が全滅すれば逆転されてしまうので、厳しいですのー。

 でもこれに懲りず、次はB-3にチャレンジするつもりです。24状況設定全部プレーしたい、が目標。

Khyber Rifles(IMMELMANN2月例会) [ウォーゲーム]

 去る2月11日、ゲームクラブIMMELMANNの月例会に参加しました。
KR160211_01.jpg
 プレーしたのはDecision GamesのKhyber Rifles。19世紀半ばのイギリスによる第一次アフガニスタン戦争を題材にした、カードとポイントtoポイントの地図を使用したウォーゲームです。
 上の画像はセットアップ時点。イギリス軍は緑の四角で描かれた砦をできるだけ多く守りつつ、可能ならばカブールにいる民間人を赤い四角で描かれた英軍基地まで避難させます。アフガン勢はカブールかカンダハルを陥落させ、できるだけ多くの英軍部隊を全滅させれば勝利。
 ゲームシステムは簡単で、シャッフルしたカードをプレーヤーターン毎に1枚めくり、そこに書かれた指示に従いユニットの補充、移動、戦闘などを行います。
 戦闘は敵味方交互に、1個のユニットの戦力毎にサイコロを1個振り、5が出れば撃退、6が出れば壊滅と「War at Sea」に似たシステムです。精鋭や砦の防御側は撃退の目を無視したり、どちらが先に最初のユニットの攻撃を行うかを決定する判定で、砦や峠では修正が発生します。
 毎ターン引くカードはかなり内容に幅があり、運が悪いとまったく部隊が動けなかったり、2ターン連続で民兵がごそっといなくなったりといったドラマが発生します。
KR160211_02.jpg
 当日の戦いは英軍が「カブールを占領していれば」という条件のあるカードを、カブールを失ったターンに2回引くといった不運、アフガン側は「民兵故郷に帰る」という地図上の全民兵について1個ずつサイコロを振り、1/3の確率で除去しなければならないというキツイカードを2回引くというトラブルに見舞われました。
 最終ターンの様子が上の画像です。結局、イギリス軍はアフガン勢の指導者を戦死させ、民間人の非難に成功しましたが、最終ターンにカブールを落とされ、さらに後半のターンにあまりにも多数の部隊を失ったため敗北。

シンプルで、繰り返しプレーできるおもしろいゲームだと思いました。自分からまたやりたいとは思いませんが、誘われたらお相手はする、という感じでしょうか。

お誘い下さったkotatu様ありがとうございます。

Airfix1/72 F-86F & Tamiya1/72 P-51D [WarBirds]

 ほぼ同時製作だったエアフィックスのF-86FとMiG-15bis、そして以前製作したF-100Dと並べてみましたが、ちょっと悪のりで、今回もF-86Fと、そのさらに兄貴分である同じノースアメリカンのP-51Dを同スケールで並べてみました。
F86P51_01.jpg
 P-51の「P」はPursuiterの略でアメリカ陸軍航空隊で「戦闘機」を意味する語でした。第二次世界大戦後、米海軍と同じ「Fighter」に統一されたので、朝鮮戦争に参加した時点ではF-51と呼ばれていたようです。
 上の画像は平面形を比べた状態ですが、ジェット機とレシプロ機の違いが如実にわかる一枚で、直線翼と後退翼、機首のレシプロエンジンと機尾のジェットエンジン、後脚三点姿勢と前脚三点姿勢など、対照的な要素が数多くあります。
 その一方で、2パーツからなるスライド式キャノピーと風防はよく似ていますし、機首と翼端という違いはありますが、武装は12.7mm機銃6丁と火力の点ではほぼ同じです。
F86P51_03.jpg
 今度は斜め前からの比較。プロペラのあるレシプロ機とジェット機では機首がまっく違うわけですけれど、よく見ると、垂直尾翼はけっこう似ています。特に飛行安定性に大きく寄与していると思われる垂直尾翼前縁のドーサルフィンはP-51の改良型から装着されるようになり、これがF-86にも引き継がれたということでしょうか。
 三点姿勢がP-51の機尾からF-86の機首へ変わったのは、ジェット機は離陸時に胴体と地面が平行になるほうがよい、ということらしいです。確かにメッサーシュミットMe262やグロスターミーティアもそうですね。もっともこれにも紆余曲折あって、英米ソではけっこう試行錯誤しているようではあります。

 というわけで、1950年あたりを挟んで前後10年くらいの戦闘機が並ぶ展開になってしまいました。寒い時期が続いて模型製作もゆっくりペースになりがちですが、この次になにつくろうか思案した結果、またしてもF-86つながりで、航空自衛隊でも使っていたF-86Dセーバードッグなんかどうかな、と思っているところです。

Airfix 1/72 F-86F Sabre & Essi/Italeri 1/72 F-100 Supersabre [WarBirds]

 先日のセーバーvsミグ15につづいて、同じエアフィックスのセーバーを、以前製作した同スケールのイタレリ製F-100スーパーセーバーと並べてみました。
2Sabres_001.jpg
 同じノースアメリカン社製のセーバーとスーパーセーバーは名前こそ「改良型」みたいですが、実際にはまったく別の戦闘機です。現用の米海軍機F/A-18もF/1-18C/DホーネットとF/A-18E/Fスーパーホーネットがあって、こちらは改良型なんですが「いろいろいじって改良したら別の戦闘機になっちった(笑」みたいな感じなのに対して、セーバーとスーパーセーバーはほんとに名前だけ。
 機体の大型化もかなりのもので、空母での運用を心配しなくていい空軍機ならではの大変身・・・といってもこのころは海軍の艦上機もどんどんでっかくなってますけれどw
 F-100の開発開始は1949年で、実は朝鮮戦争の会戦前みたいです。部隊配備は1954年と、ほぼF-86と入れ替わるような感じですが、並べてみた感じはもっと世代が異なるように見えます。当時の航空技術(特にエンジンの高性能化と大型化)がものすごいスピードで進んでいくさまが思い浮かびます。
2Sabres_003.jpg
 両方を平面で比較。胴体の太さがすごい違うのはエンジンの大きさがすごく違うから、ですね。F-100は超音速機の研究開発途上で誕生した戦闘機なので、まだ胴体中央をくびれさせる「エリアルール」が採用されていません。しかし、機首のエアインテークが平たくエッジも薄くなってちょい高速対応な感じがします。

 ジェット戦闘機の形状は、このあと機首に大型の索敵レーダーを搭載するようになったり、エリアルールで胴体がくびれたり、デルタ翼やクリップドデルタ翼が主流になったりと、劇的に変わっていくわけですが、そんな変化の最初というか、変化する前の最後という印象が強いF-100は、やっぱりF-86Fの兄弟分、なのかもしれません。

1/72 Airfix North American F-86F Sabre & Eduard MiG-15 bis [WarBirds]

 先日、エアフィックス製1/72スケールのセーバーにデカールを貼付したので、エデュアルド製同スケールのMig-15bisと並べてみようと思います。
MigSabre_01.jpg
 まず、デカールを貼る前、両方同時にシルバーを吹いた時点の画像をもう1度チェック。これを見ただけでも大きさの違いはなんとなくわかるのですが、形状が似た戦闘機だな-、くらいにしか私個人は感じていませんでした。
MigSabre_03.jpg
 ところが、細部塗装を施し、デカールを貼付してから改めて並べてみると上の画像のように。大きさの違いは歴然であります。
 といっても、水平尾翼の面積などはもしかしたらミグのほうが大きいかも? 大型のF-86はエンジン出力も大きく燃料もどっさり積んでいて、その代わり重いわけで、軽量小型だけど航続距離の短いミグとは対照的な戦闘機みたいです。
MigSabre_04.jpg
 前から見ると、スケールが違うんじゃないかというくらい印象が異なります。両方とも機首から空気を取り入れる単発機ですが、ミグはコクピットの左右をエアが通過し、セーバーはコクピットの下を通過しています。
 また上から見た画像ではわかりにくかったですが、ミグは水平尾翼が垂直尾翼に取りつけられていて、胴体についているセーバーとは大きな相違点となっています。
 F-86のイエロー塗装は、部隊毎の識別塗装だったようですが、こうして赤い塗装のミグと並べると、遠くからでも敵味方がはっきり、という感じがしてきます。実際にはかなり遠くから目視したでしょうから、機首誤認はあったんじゃないかとは思いますけれど。
MigSabre_05.jpg
 向かい合わせにして機首を見比べてみました。同じ1人乗りとは思えないキャノピーの大きさの差が印象的です。
 武装はミグが23mm機関砲x2および37mm機関砲x1門で、すべて機首下面に装備しています。一方のF-86Fは12.7mm機銃6丁を機首両側に装備。
 12.7mm6丁というのは、セーバーの兄貴分であるノースアメリカン製のP-51Dマスタングと同じです。このあたりは伝統というか、継承しているわけですね。
 小口径多銃装備と、大口径しかも複数口径少量装備のどちらがよいかは一概にはいえないのだと思います。

 この2機種はライバルといわれていますが、単純な撃墜比ではセーバーが圧勝しています。しかしミグは国連軍のB-29爆撃機などに対する迎撃にも出撃し、戦果を上げているので戦闘機同士のドッグファイトだけではおそらく評価できない要素があるんだと思います。このあたりは興味深いところです。

 さて、セーバーといえば、以前にエッシー>イタレリ製のF-100Dスーパーセーバーを製作したのですが、やはりこれも並べてみないといけませんw ということで次回はセーバー兄弟の比較をしてみたいなと思います。

メッセージを送る