So-net無料ブログ作成

TAMIYA 1/35 Chieftain Mk.5の製作(その4) [AFVs]

 先日、砲塔を組み立てたタミヤ1/35のチーフテンですが、続いてサスペンションやデフといった足回りの作業に入っています。
Chieftain010.jpg
 チーフテンの転輪は6個でチャレンジャーと同じですがサスペンションは独立懸架ではなく、2組ずつ1個のボギーに取りつけるという、シャーマン戦車やIV号戦車と似た方式を採用しています。このサスペンションはひとつ前のモデルであるセンチュリオンとほぼ同じ物なようです。
 キットはかなりの部分が一体成形になっているボギーに転輪を差しこんで、ポリキャップを兼ねたホイールナットをはめ込んで固定するようになっています。また、リターンローラーやサイドスカートの固定金具などもこのパーツに組み込むことになります。
Chieftain011.jpg
 転輪はタイヤの中央にパーティングラインがありますが、これは実車の写真を見ても存在するので、さほど念入りには処理していません。また、サスペンションのコイルスプリングもボギーと一体成形ですが、特にディテールアップは施しておりません。
 イギリス戦車の場合、足回りは完成するとサイドスカートで大部分が見えなくなるので、それほど神経質にならなくてもいいかな、とは思っています。
Chieftain012.jpg
 繰り返しになりますが、タミヤのチーフテンは古いキットながら、非常に親切な設計になっており、サスペンションボギーは装着位置を間違えないよう、ボギー側にも車体側にもパーツ番号が刻印されています。
 これを片側3個、両側で合計6個組み付け、そこへ転輪を差しこんでいくのですが、今回も塗装のことを考え、この時点ではまだ転輪は固定しないでおきました。
 また、サスペンションと同時に機動輪と最終減速機のケース、誘導輪なども取りつけました。
Chieftain013.jpg
 6個のサスペンションを取りつけた状態。通常、戦車モデルの場合はこの時点できちんと水平が出ていないと完成時に転輪が浮いてしまうというトラブルが発生する可能性があるので、転輪を装着した状態で接着し、固着するまで動かさないのが肝心です。
 しかしこのキットは複数のダボでがっちりボギーが固定されるため、心配はほぼありませんでした。さすがモーター装甲を前提としたキットは、こうした部分がしっかり作られています。
 もちろんその分細部が犠牲になっているんだとは思いますが、前述のとおりサイドスカートでその多くが隠れるので気になりません。
Chieftain014.jpg
 それでもいちおう転輪を差しこんで確認はしました。まったく問題なしです。

 このあとデリケートなエッチングパーツの取りつけがある関係で、その後にゴム製の履帯をはめ込む工作を行うと破損する心配があります。それ故、この段階で足回りだけ塗装と組み立てを終わらせてしまい、その後に細かいパーツの組み立てを行って、足回りをマスキングしてから全体塗装、というスケジュールで進めようと思っています。

TAMIYA 1/35 Chieftain Mk.5の製作(その3) [AFVs]

 制作中のタミヤ1/35、チーフテンMk.5は砲塔、車体、シャーシそれぞれに細かいパーツを取りつけていく段階に進んでいます。
Chieftain006.jpg
 まず砲塔に車長キューポラと赤外線投射機、および雑具箱を取りつけました。赤外線投射機は若干ですがヒケがあったのでヤスリで平らにならしてみました。
 戦車には砲塔をクレーンで持ち上げたり、昇降時や、点検などの際に各部のパネルを開閉するためのフックやハンドルが多数ついているものですが、特にハンドルは1/35スケールではかなり細いので、プラキットでは通常突起のモールドとして表現されています。
 前回のチャレンジャーはこのモールドがシャープだったので、穴となるはずの部分を少し削っただけで、あとは塗装の陰影だけで表現してみました。
 今回はやや古いキットということもあって、砲塔のハンドルがやや緩いモールドに見えたので、ぜんぶ削り落として真鍮線に置き換えることにしました。
Chieftain008.jpg
 こちらが真鍮線を折り曲げて取りつけた状態。削ったパーツの跡地に千枚通しで印をつけ、ドリルで穴を空けたところに、0.4mmの真鍮線を曲げてつくったパーツを差し込み、瞬間接着剤で固定しています。
 この工作はハンドルをすべて同じ形状にするのがなかなか難しいのですが、最近は少し作業に慣れてきたのか、失敗が少なくなったように感じています。
 このキット用に用意されているエデュアルドのエッチングパーツにはこのハンドルも含まれているのですが、板状のパーツで再現性がいまひとつ、と思って使いませんでした。
 砲塔後部にある装填用? ハッチのハンドルは砲塔に直接モールドされていて、これもエデュアルドのエッチングが用意されていますが、これもキットのままとしています。
Chieftain009.jpg
 砲塔にハッチやベンチレーター、収納カゴなどのパーツもさらに取りつけていきました。左右に2基ある発煙弾発射機は、土台をエッチングパーツに交換しようとしたのですが、かなり複雑な形状で工作が難しく、左側はなんとか取りつけたものの、右側は誤って破損してしまいました。
 上の画像は破損する前のパーツを撮したところです。しかたなく右側だけキットのプラパーツを使用しました。かっこわるいけど気にしませんw

 砲塔の工作はこれでほぼ完成です。あとはキットには含まれていない、砲身基部の防水ブーツを手作りで取りつけようと思っています。
 それにしてチーフテンは砲身がながーく見えますね。

TAMIYA 1/35 Chieftain Mk.5の製作(その2) [AFVs]

 先日砲塔を製作したタミヤ1/35のチーフテンですが、車体も基本的な工作に入りました。
Chieftain005.jpg
 車体はバスタブ型のシャーシに後部パネルをはめ込み、ポリキャップとフック状のパーツで上面装甲と合体させます。
 それからサスペンションを装着するのですが、もともとモーター走行を前提にしているキットなので、強度を考慮してか両舷3個ずつのサスペンションボギーは一体成形になっています。
 3種のサスペンションパーツには接着後に見えなくなる場所にパーツ番号が刻印されており、同じ番号がシャーシ側にもモールドされていますので、間違えることがなくて親切ですね。
 また接着も複数のダボでがっちりと決まるので、あまり丁寧に作業しなくてもクリアランスはびしっときまると思います。念のため転輪を仮留めしつつ接着するつもりですが。

 このあとは足回りと平行して、砲塔や車体正面および後面の付属物の取り付けを進めていく予定です。

TAMIYA 1/35 Chieftain Mk.5の製作(その1) [AFVs]

 OSのバージョンアップでまたフォトショップが起動しなくなって焦ったのですが、翌日勝手に再起動したのち復旧しました。最近のPCは便利になったと同時にいろいろ謎で困惑する部分もあったりして悩ましいです。

 ともあれ、先日のチャレンジャー1に続いて、その先代のイギリスMBTであるチーフテンを作り始めました。
Chieftain001.jpg
 例によって説明書を無視してまず砲塔から工作開始。以前にも書きましたが、タミヤの砲身は、チャレンジャー2はポリキャップ、チャレンジャー1はビス留めでしたが、このキットの砲塔はプラパーツをただ噛ませているだけです。砲身側の円柱状の突起を受ける砲座側の形状が微妙ななカーブを描いていて、しっかり固定されると同時にいい感じ仰俯角が可能という、巧みな設計に唸りました。
Chieftain002.jpg
 砲身を組み込んで、砲塔の上下パーツを接着した時点で、車体にも基本的な工作だけ行おうと手をつけました。今回は部分的にエデュアルド製のエッチングパーツを組み込もうと思っているので、プラの工作を先に進めようという魂胆です。
 車体はシャーシに後面装甲を接着し、上下パーツを車体前面のポリキャップと後部のフックで固定するという、タミヤのいつもの方式です。
 両サイドのフェンダーにはサイドスカートを固定するためのフックがついていますが、スカートは接着するうえ、この部分にエッチングパーツがつくことになるので切り飛ばす予定です。
 もともとこのキットは電池とモーターで走行可能な設計だったようで、車体内側には電池ボックスの名残があり、転輪や機動輪といった走行部分はいずれも可動を前提とした設計になっています。サイドスカートも走行中の履帯脱落などに対応できるよう、取り外しができるようにデザインされていたようですね。
Chieftain003.jpg
 組み立てた車体に砲塔を載せてみました。この先はキューポラやサスペンションといった上下の細かいパーツを取りつけていく工程に進むことになります。
 いつもはひととおり組み立ててから塗装へ進むのですが、今回は破損しやすいエッチングパーツを多用するので、力のかかる履帯装着のような工作はその前に済ませて置こうと考えています。
Chieftain004.jpg
 まだ組立を始めたばかりですが、この時点で前回のチャレンジャー1と大きさを比べてみました。
 チーフテンは大型の戦車だと思っていました(いまも思っています)が、さすがのチャレンジャーと比較すると一回り小ぶりなのがわかります。搭載している主砲はおぼ同サイズなので、違いはスペースドアーマーの差異と、やはりエンジンということになるかと思います。

 チーフテンは、第2次大戦終了後から1960年代まで使われ続けたベストセラー戦車であるセンチュリオンの後継として、1960年代後半に正式採用され、80年代まで使われました。
 当時としては大口径(同世代のM60、レオパルト1、74式あるいは次世代のM1などの主砲は105mmでした)の120mmライフル砲を装備し、比較的低いシルエットと傾斜装甲で防御力を追求した反面、重量増加と非力なエンジンが相まって機動力が低い、という評判でした。
 しかし、その後に強力なエンジンが使用可能となると、チャレンジャーの火力や防御力は再評価され、西側戦車のその後の設計に大きな影響を与えている、と個人的には思います。

 というわけで、作り始めたら楽しくてしょうがないチーフテンの工作をしばらく続けていくつもりです。

WindowsのバージョンアップでPhotoshop起動せず

というわけでブログの更新ができない状態です。
ちょい様子見てレタッチソフトを導入するかなにか解決策があるか検討しようと思います

タミヤ 1/35スケール チャレンジャー1の製作(その14) [AFVs]

 制作中のタミヤ1/35、チャレンジャー1は、実車の写真でみかける排気口からの煤汚れをどう再現しようかちょっと迷っているのですが、我慢できずに以前製作した同スケールのチャレンジャー2と並べてみました。
Challenger1_049.jpg
 右が制作中のチャレンジャー1で1991年の湾岸戦争参加時、左が2003年のイラク戦争に参加したチャレンジャー2です。両者の間には12年の歳月があるのですが、ぱっと見た感じでは差異の少ないバリエーションかな、という印象です。
 上から見るとエンジンパネルが若干異なるほか、砲塔の大きさがかなり違うのがわかります。これはチーフテンに増加装甲を着ける、というアイディアをそのまま採用した感じのチャレンジャー1に対して、砲塔部のスペースドアーマーをより入念に設計したチャレンジャー2、という違いでしょうか。主砲も口径は同じですが細部がやや異なっています。
Challenger1_050.jpg
 正面から見たところを比べるとけっこう印象が違います。チャレンジャー2では砲塔の面積だけでなく高さも増しているようにみえます。
 チャレンジャー2の砲塔正面についている白いパネルは赤外線に反応する見方識別装置で、夜間の誤射を防ぐ目的で装着されたようです。似たようなパネルが砲塔の側面および後面にも取りつけられています。
 チャレンジャー1より大幅に強化されいるのが照準装置らしく、フランス陸軍のルクレールほどではありませんが、砲塔上部には洗練された形状の照準、監視および暗視装置が装備されているのがわかります。
Challenger1_051.jpg
 側面形状の比較。車体の前面およびサイドスカートに装着されている増加装甲は両者とも基本的には同じものだと思います。チャレンジャー2では車体後方の排気口に大型のマフラーが取りつけられたのがわかります。
 チャンレンジャー1はMr.カラーのタンに色の素のイエローを混ぜた色で塗装し、チャレンジャー2のほうはたぶんタミヤアクリルのデザートイエローに白を混ぜたものを塗ったように記憶しています。
 これは、実際にこの2つを塗り分けていたということではなく、実車の写真から私個人が受けた印象を再現しただけです。たまたま光源の向きや時間帯による光の加減、あるいは天候の影響で、同じ色が違った色味に見えたのかもしれません。
 自分好みのカラーをみつけたり作ったりするのは楽しいですが、失敗して凹むこともあるので難しいです。

 ともあれ、チャレンジャーはほぼ完成という感じなので、引き続きイギリス戦車の流れでタミヤのチーフテンに取りかかるか、あるいは別のキットを製作するかちょっと考えているところです。

タミヤ 1/35スケール チャレンジャー1の製作(その13) [AFVs]

 先日、車長フィギュアの塗装を行ったタミヤ1/35のチャレンジャー1にデカールを貼付しました。
Challenger1_046.jpg
 キットには湾岸戦争参加車両のデカールが2種、ドイツ駐留部隊のものが1種含まれています。使ったのは手元の資料に実車の写真が掲載されていた戦車連隊のもの。所属はたしかロイヤル・ドラグーン・スコッツガーズ連隊だったかと。
Challenger1_048.jpg
 やはりマーキングが加わるとぐぐっとスケール感が出て、かっこよく見えます。
Challenger1_047.jpg
 砲塔に2ヶ所あるアンテナ基部にもドリルで穴を空け、0.5mmの真鍮線を7cmの長さにカットしたアンテナ線を接着してみました。まだ金色のままですが、あとで黒で塗装する予定です。
 そのほかフロントフェンダー付近に装備している消火器もグリーンで塗装し注意書きのデカールを貼りました。
 また、車体や砲塔の上面に砂や土がこびりついた状態、乗員の昇降時に擦れてエッジの塗装が剥げかけた状態などを再現してみています。

 まだ排気汚れを加えていませんが、これで製作はほぼ完成に近い状態になりました。以前製作したチャレンジャー2とさっそく並べてみたいなと思っています。

メッセージを送る