So-net無料ブログ作成
BloodBowl ブログトップ

Bloodbowlスプリングトーナメント4/5 [BloodBowl]

 4月5日日曜日、ミニチュアゲームでお世話になっている友人のRick, Chris, そしてSinさんらが主催する"Nippon Blodbowl League"の春季トーナメントが行われましたので参加してきました。

 当日は延べ10名が参加。対戦はスイスドロー形式で各チームが3戦ずつ行い、勝ち点やタッチダウン数、そして相手に与えた死傷者数(!)で競われます。
 私の率いるダークエルフチーム、KarondKarr Mistressesの対戦成績は1勝1敗1分けといまひとつでしたが、新たにチームに迎えたウィッチエルフのAnyaちゃんが見事に"Most Carnage Award(大量殺戮で賞)"をDavid氏のプレイヤーNorgと分け合いました。

 1回戦の相手は前回(今回も^^)優勝のSinさん率いるハイエルフチーム、Whitelionsです。

090405_010.jpg

 エルフチーム同士の対戦は双方ともにスキルが高くボールコントロール力があるためデフェンスが難しく、自軍の攻撃がわずかなミスや不運で失敗するとかなり致命的。Whitelionsは常勝コーチの巧みな指揮と各プレイヤーの高い能力を持ち、憎しみだけがとりえの(?)我がダークエルフは2-4でまたしても負けてしまいました。

 2回戦は前回の大会で負けたChris氏が相手ですが、相手チームは今回はスケイブンのSpeedy Gonzalosです。

090405_014.jpg

 スケイブンはものすごく脚が速いうえにすばしこいガッターランナーにボールを回して一気に攻め込むチームです。課題はいかに彼らを走らせないかだと思い、まずはゲーム序盤で彼らの数を減らすことを考えました。おかげで我が軍のウィッチエルフAnyaがこの試合で相手二人を病院送りにして賞を勝ち取ったわけですw。
 おもしろかったのは、上の画像の局面。スケイブンチームの我がエンドゾーンへのパスが失敗してエンドラインを割り、観客から投げ込まれたボールはダークエルフが密集しているゾーンへ、これでチャンス到来と我が軍はタッチダウンパスを試みますがこれも失敗し、ボールは再びエンドライン外へ。投げ込まれたボールは、最初にスケイブンがパスを繰り出して地点へ舞い戻り、数ターンの間にボールがフィールドをほぼ1周するという事態が起きたのでした。これには私も対戦相手のChris氏も大爆笑でした。
 ゲームは3-1で我が軍の勝利。前回の雪辱を(チームは違いますが)果たすことができました。

 3回戦の相手はJun氏率いるヒューマンチームMarienburg PinkCarrotsでした。

090405_015.jpg

 両チームはお互いオーストラリアのShadowForgeが製作する女の子チームのミニチュアを使用しており、私としては初の女性軍団対決となりました。
 チームバリューが40近く相手が上だったので、ハンデとして高価なイベントカードを購入したところ、引いたカードは"Assassin"。これは相手チームの一人をゲーム開始前に問答無用で出場不能にする強力なカードで、これで相手の中核であるオーガを排除した結果、終始イニシアチブをとってゲームを進めることができました。
 実際には双方死傷者多数の乱戦で、2-2で迎えた終盤、相手チームのフィールド人数が8人に減ったところをついてリードを獲得しましたが、こちらの相手を負傷させ、順調に突破して得点するというパターンに対し、PinkCarrotsは敵タックルゾーンでボールを拾い、ドッジで包囲をかわし、インターセプトのリスクとやはり敵タックルゾーンへのパスを強行するという大技を2回も成功させる強運ぶりで、最後には同点においつかれてしまいました。
 結果は引き分け。「悪役ダークエルフの暴虐と、善玉ヒューマンのミラクル」的なドラマが演出された楽しいゲームでした。

 我が軍はドッジスキルをゲットした一人が次の試合出場不可の負傷を受けてしまいましたが、各プレイヤーとも順調に成長しつつあり、先が楽しみになってきました。
タグ:Bloodbowl

ダークエルフチーム増強 [BloodBowl]

 明日開催されるブラッドボウル・トーナメントに備えて、我がダークエルフチーム『カロンドカル・ミストレシズ』の戦力増強を計ってみました。
 ダークエルフは各プレイヤーのコストが高いので、これまでスターティングメンバーぎりぎりの11名でチームを編成しておりましたが、トレジャリーがそこそこたまってきたので、ようやくウィッチエルフを1名追加することにしたわけです。
 前回の大会で負傷したラインウーマンがステータスをロスしたこともあり、とりあえず補欠を1名でも確保できたのは幸いかと思います。

bloodbowl004.JPG

 画像は、中央が追加したウィッチエルフのアニヤ、右はチアリーダーで左がアシスタントコーチのミニチュアです。このふたつはミニチュアはなくてもよいのですが、ペイント大好き人間としてはやはり加えたいところでしょう。
 ウィッチエルフはアイシャドーを入れてみた以外は他のプレイヤーと同じようにペイントしましたが、チアリーダーは初めての試みとして、肌の透けるストッキングに挑戦してみました。このテクニックはレースのドレスなどにも使えるので、精進してマスターしたいと思っています。

 三ヶ月に1回の大会でしかプレーしないと、ついついルールを忘れがち。明日に備えて復習しておこうと思います。

 
タグ:Bloodbowl DarkElf

BloodBowl クリスマストーナメント12/14 [BloodBowl]

 先週まで仕事が忙しくてブログ更新どころかミニチュアにもロクに触れませんでしたが、ようやく一段落してきたので、サル12月14日に某所にて開催されたブラッドボウルのクリスマストーナメントに参加してきました。
 参加チームは9チームで、スイスドロー方式で3回戦のリーグ戦で勝敗を競いました。

BB081214_01.jpg

 私のチームは右から2番目に並んでいるダークエルフのKarond-Kar Mistressesです。このチームでの実戦経験が2回しかない状況での参加で、スキルアップしているメンバーは皆無。それどころかダークエルフでは各メンバーの高コストが災いして、チーム設立資金の100万ではスターティングメンバー11名を揃えるのがやっとで、補欠もおりません。この大会で資金を貯めて、なんとかウィッチエルフを導入したいなぁ、と思っております。

BB081214_05.jpg

 というわけで一回戦、ユキジさん率いるオークチーム、Bloody Sumblood Boysとの対戦は、なんと2-0で勝利!
 ストレングス4を誇るブラックオークが怖いので、とにかく可能な限り相手のタックルゾーンに自軍プレイヤーを残さないという戦法で挑みました。ラッキーだったのは、ゲーム開始直後の最初のドライブで、相手チームが両サイドに隙間を空けていたことでした。ここを移動力に優る我がチームはすり抜け、労せずして1タッチダウンをゲットできたのです。
 これでプレッシャーから解放された我が軍は、相手にタッチダウンを許すことなく、どうにか一勝をものにできました。こう書くと簡単そうですが、いや、それはもう冷や汗ものだったのです。

BB081214_08.jpg

 二回戦の相手はKさん率いるドワーフチーム、レッドベアードです。ドワーフは移動力は遅いのですが、ほぼ全員がブロックスキルを持っており、殴り合いで相手の人数を減らしてからゆっくり得点しようという感じのチーム。打たれ弱いダークエルフとしては、前半になんとか得点を入れていきたいところです。
 試合開始早々、ファンの投石によって我が軍のエース、ランナーのゼッケン2番”ハニー”が昏倒、苦しい立ち上がりになりましたが、なんとか移動力の速さを活かして、相手ラインに穴を開けたらとにかく敵陣後方へ突っ込み、相手のボールキャリアーを集中攻撃するという作戦が功を奏し、前半に2タッチダウンを獲得。
 5人もの選手が倒された後半は人数不足でじりじりと押されましたが、ここで天候が急変してブリザードが発生、追う展開のレッドベアードには苦しい、我が軍にとっては恵みの雪となりました。
 ブロックで倒されたプレイヤーの落としたボールが、隣にいた味方プレイヤーのところへ転がったり、我が軍エンドゾーンへのタッチダウンパスが失敗したりと、ツキにも恵まれて3-0で勝利。

BB081214_15.jpg

 というわけで、なんとここまで無失点の二連勝で、一介のルーキーチームにも優勝のチャンスが巡ってきました。この時点で我がミストレシズは勝ち点6、同点で並んでいるのはSinさん率いるハイエルフチームWhite Lionのみ。そして三回戦の相手はドイツ人コーチC氏率いるネクロマンサーチームHimterhaim Hinrosです。
 一、二回戦ともアンダードッグのルールが適用されない同レベルのチームが相手でしたが、Hinrosは我が軍よりチームレーティングが50も高い強豪チームです。そこで殴り合い要員としてスーパースターのMorg 'n' Thorgを43万も出して雇い入れ、なんとか劣勢を挽回しようと試みました。
 しかし相手チームにはブロックスキル持ちがごろごろ、移動力8に加えてフレンジースキルを持つワーウルフと、ストレングス4のうえ押しても倒れないゴーレムがそれぞれ2体、さらに他の選手をジャンプで飛び越えられるリープスキルを持つグールも二人います。
 三回戦目の疲労と強豪チーム相手のプレッシャーで、序盤からミスを連発した私は前半でまず1点を献上、後半は相手のワーウルフ1体を出場不能にしたものの、こちらも3人が倒され、さらにボールを持っていたゾンビを場外に押し出し
ましたが、スローインで再び相手ボールとなるなど不運もあり、挽回できないまま2点目を奪われて万事休す。0-2で敗北し、優勝は儚い夢と消えましたw。優勝したWhiteLionはHinrosに二回戦で勝利しているので、ここが決勝点だったんだと思います。
 中盤、なんとかパスを通してタッチダウンを得ようと試みるのですが、落ちているボールを拾うタイミング、敵にタックルゾーンにいるプレイヤーを脱出させるタイミングなど、悩むポイントが多く、ここぞというところでダイス1を連発し、作戦は不発に終わりました。
 なるべく敵プレイヤーとぶつかりたくないダークエルフとしては、どうしてもドッジのためにダイスを振る機会が多く、いかにエージリティ4で1以外なら成功するドッジとはいえ、延々ダイスを振っていればいつかは1の目が出るわけです。ブラッドボウルは慎重さとともに、ある時点でリスクを背負う大胆さも要求されるゲームだなぁ、とつくづく感じました。

 というわけで、仕事明けにとても楽しい一日を過ごすことが出来ました。対戦してくださったユキジさん、Kさん、C氏、ありがとうございました。

タグ:Bloodbowl
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

BloodBowlダークエルフチーム [BloodBowl]

 先日、ブラッドボウル用に手に入れたShadowForgeのダークエルフチーム、とりあえずスタメン(+@)の12名が完成したのでご紹介します。ちなみに全員女性プレイヤーです^^;。

bloodbowl003.JPG

 ダークエルフは各プレイヤーのポイントが比較的高いため、初期資本の100万では思ったようなチーム作りは難しいです。とりあえずラインウーマン7名、ブリッツァー2名、ランナー2名で編成しました。
 プレイヤーのタイプにはほかにスパイとウィッチエルフがあるのですが、これらはそのうち増強、という感じですね。
 補欠もまったくいない状態ですので、せめてもと思い、アポシカリー(いわゆる救急救命士)としてナースを1人入れてみました。残った10万をチームリロール×2に投入しましたが、これでまともに戦えるのでしょうかw。
 ベースはフットボールフィールドをイメージして、サンドを何種類かのグリーンとライトブラウンでペイントしました。実はベースペイント後にSinさんとはしもとさんと一緒に訪れた西池袋の鉄道模型店で、草地をペイントするために顔料の粒が大きいなターナーの水性アクリル塗料を発見してしまいました。画像のベースにも少しだけ使ってありますが、次回、もっと試してみようと思います。

 その他よしなしごとですが、先日Sinさんに見せていただいたPrivateerPressのサポート誌No Quaterを4~20号まで一気に注文したのが昨日届きました。ところが今日Warstoreを除くとWarmachineの新しいサプリメントであるLegendsが入荷しているではないですかw。というわけで、またしても注文してしまったのでした。
 なかなかBFGにまわす資金が調達できませんねぇ^^;

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム
BloodBowl ブログトップ
メッセージを送る